TOP

お金を借りる方法をご案内します

| カードローンで借りたお金の返し方

TOPページ
ナンバーワン、1位、2位、3位、4位、5位ランキング、ベスト10、ベスト5、ランク
審査項目、年収、職業、他社の借入、借金、消費者金融キャッシング審査、カードローン審査、診断、仮審査
キャッシングバンク
実質年率
4.5%~18.0%
限度額
500万円
審査スピード
申込み完了画面に表示(※l)
融資スピード
最短即日(※l)
来店有無
不要(※l)
担保・保証人
不要
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査スピード
最短30分
融資スピード
即日融資も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
実質年率
4.7%~18.0%
限度額
500万円
審査スピード
最短30分
融資スピード
即日融資も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
実質年率
4.9%~14.5%
限度額
500万円
審査スピード
当日中
融資スピード
即日融資も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
実質年率
4.5% ~ 9.8%
限度額
500万円まで
審査スピード
当日中も可能
融資スピード
即日利用も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
実質年率
4.9%~18.0%
限度額
300万円
審査スピード
当日中
融資スピード
即日融資も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
トピック
(三井住友カード)利息最大3ヶ月キャッシュバック!!
即日融資について
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
(※)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

お金を借りる方法をご案内しますの基本

カードローンで借りたお金の返し方
(キャッシングで融資を受け、借りたお金の返済方法)
▽ 返済方式には種類がある
借りたお金の返し方は、借りた会社(銀行)その商品によって異なります。カードローンで多いのがリボルビング払い、いわゆる「リボ払い」です。 一言で「リボ払い」といっても、いくつか種類があります。今回は代表的な返済方式と、その種類をご説明します。
▼ 元利均等方式
元利均等方式は、借りたお金の返済額と金利を合わた計算がなされ毎月一定の金額を返済するものです。

返済額 + 金利 =支払い金額が決定

元利均等方式は、計画性に優れている特徴があります。しかし、返済開始が間もない場合は、返済額のほとんどが利息になります。 元金がなかなか減らないという問題があります。 この元利均等は、住宅ローン、教育ローン、リフォームローンなどの高額融資で且つ長期スパンものに適応されやすい傾向にあります。。
▼ 元金均等方式
元金均等方式は、毎月元金の返済額は一定になります。一方で利息は、その時の借入残高に掛け合わされる計算なので毎月変動します。 元金均等方式の場合は、借り始めは借入残高が多く金利支払額も大きくなるので、その分返済負担が大きくなります。 借入残高が減れば減るほど金利負担減少していく特徴があります。トータルで考えた場合、元利均等方式よりは金利の支払合計額は少なくなります。
▼ 分割払い
分割払いは、借入れた元金に返済最終期限までの利息分を足します。その金額を返済回数で割った金額が月々の返済額となります。 分割払いは、融資を受けた瞬間に返済額が固定されます。従って複数の融資を受けた場合、返済が重複することになります。 毎月一定額の返済で、計画的な利用がしやすい特徴があります。しかし、金利が高めに設定されていれば、負担が大きくなります。 これは、アドオン返済と似た方式と言えるでしょう。
▼ リボルビング払い
▽ リボルビング払いが一番多い
リボルビング払いは、カードローンの返済方式としては主流になりました。 一言でリボルビング払いといっても、その形態は微妙に異なります。 大きく分けると次の3つのリボルビング方式となります。 1.「定率リボルビング方式」 2.「定額リボルビング方式」 3.「残高スライドリボルビング方式」 「残高スライドリボルビング方式」が最も多く選ばれている方式で、これを更に掘り下げると 「残高スライド元利定額リボルビング方式」「残高スライド元利定率リボルビング方式」 「残高スライド元金定額リボルビング方式「残高スライド元金定率リボルビング方式」が存在し、 「残高スライド元利定額リボルビング方式」が最も多く選ばれています。
▽ 残高スライド元利定額リボルビング方式
残高スライド元利定額リボルビング方式は、借入残高が一定範囲で段階的に分けられ、それに応じて返済額が変動します。 この方式の特徴は、限度額以内で何度でも「借りる」「返す」がしやすい返済方式になります。
▽ その他のリボルビング払い
「ある時払い」を耳にされた人もいると思います。これはいわゆるミニマムペイメントとも言われているもので、リボルビング払いの一種です。 毎月の返済額は「残高スライド元利定額リボルビング方式」のよう借入残高を段階的に分けられます。 例えば、15万円なら4千円で、更に10万円増えるごとに3千円増えるなど最低ラインの返済額が決定します。 それ以外は、ゆとりがある時に返済可能な方式です。毎月の収入額が変動する方にとってはメリットとなります。
▼ 返済方式 一覧表
1.元利均等方式
 元金と金利を合わせ、毎月の返済額が一定になるように計算されている返済方式。

2.元金均等方式
 元金の返済が毎月一定になるように計算された返済方式。元金に利息が上乗せされた金額を支払う。
3.分割払い
 利用ごとに支払いが分割される。返済額は一定となる。
 1利用に対して分割されるので、支払いが重なると返済が大変になる。
4.リボルビング払い
 毎月の利用総額に対して支払額を分割する仕組み。
 定率リボルビング方式
  元利定率リボルビング方式
   毎月の締日の借入残高に利息を足した額を指定した割合で返済する。

   元金定額リボルビング方式
   元金の返済額は毎月一定だが、借入残高により利息が計算されるので、支払額が毎月変動する。

  定額リボルビング方式
   元利定額リボルビング方式
   毎月の支払額は一定だが、その中に利息が含まれるので、元金の返済が借入残高により一定しない。

  元金定額リボルビング方式
   元金の返済額は毎月一定だが、借入残高により利息が計算されるので、支払額が毎月変動する。

  残高スライドリボルビング方式
   残高スライド定額方式
    借入残高により、段階的に返済定額を変更する方式
    返済途中で新たに借入をすると、借入残高により返済定額が変わる。

  残高スライド元利定額リボルビング方式(カードローンで一番多い返済方式)
   借入残高により段階的に決められた金額を毎月返済する。返済額の中に利息が含まれ元金が減りにくい。
  残高スライド元金定額リボルビング方式
  借入残高により段階的に決められた返済元金に利息を加えた額を支払う。
 残高スライド定率方式
  借入残高により、段階的に返済定率を変更するもの
  返済途中で新たに借入をすると、借入残高により返済定率が変わる。

 残高スライド元利定率リボルビング方式
  借入残高に利息を加えた金額に定率をかけた金額を支払う。支払額に利息が含まれている。
 残高スライド元金定率リボルビング方式
  借入残高に定率をかけた額に利息を加えて支払う。

■関連する情報

キャッシング基礎知識 記事一覧

  • 第一回 キャッシングとは
  • 第二回 キャッシングまでの流れ
  • 第三回 キャシングにおける返済方法
  • 第四回 キャッシングのおすすめポイント
  • 第五回 会社の違いによるキャッシング
  • 第六回 キャッシングの審査
  • 第七回 キャッシングで注意したいこと
  • メニュー

    ランキング・比較!

    各社情報

    一般知識